「理想の自分」&「理想の未来」を手に入れるための手帳術|旧暦の知識
手帳セラピーとは?
手帳セラピーとは

手帳セラピーは手帳というツールを使って、書くことで自分自身に出会い、行動を起こす力を引き出すセルフセラピーです。

一般的な手帳術が「自己&時間を管理することで成功をめざす手帳術」だとしたら、手帳セラピーは「自分と調和し、時間と調和していくことで自然のリズムに乗り、望む未来をハッピーに引き寄せる手帳術」と言えるでしょう。

「時間の入れ物」である手帳に、4色ペンでスケジュールと気持ちの「見える化」をはかり、夢色のペンで「夢への行動」を習慣化。「理想の未来」を的確な言葉で思い描き、年→月→週→日の行動として手帳に落とし込みます。

目に見えない「時間」「予定」「気持ち」「偶然」が手帳の上で「見える化」されると、やるべきことや「自分の進む道」がはっきりと見えてきます。そして、手帳に書いた通り、あるいは書いた以上の幸運を受け取っていることに気付けるはず。

手帳セラピー®および手帳セラピスト®は商標登録されています。

用語集 -手帳セラピーを形づくる言葉たち-
一日一緑 一日にひとつ、心からワクワクすることを緑色のペンで書き込み、実行するワーク。自分が本当に望んでいることは何かが見えてきます。
1週間未来宣言 望む未来を完了形や肯定形で手帳に書き込むワーク。思い通りの未来を作り出す力がつきます。
シンクロ
(シンクロニシティ)
意味のある偶然のこと。手帳セラピーでは、この「シンクロ」に気付くことを重要視しています。
手帳タイム 手帳を書いたり、見たりする時間のこと。1日5分は「手帳タイム」を取りましょう。
ハッピーマイレージ 自分の身の回りに起こった小さなハッピーを毎日記録するワーク。日々降り注ぐ「幸せ」に気づくことができるようになります。
プチ内観 自分の心の内側に起きたことを客観的に3行で書き留めるワーク。自分の気持ちの変化を「見える化」することがでいきます。
もっと手帳セラピーを知りたい方へ
講座やワークショップに参加してみる
  • 手帳をもっと使いこなしたい、使い方を改善したい。
  • 時間と上手に付き合う方法を知りたい。
  • 叶えたい夢がある。
  • 解決したい問題や悩みがあるけど、どうしたらいいのかわからない。

そんな方は、ぜひ一度手帳セラピーの講座やワークショップにお越しください。きっと自分の中の可能性に気付いたり、進むべき道筋が見えて一歩前に踏み出せるようになるはず。

現在開講中の講座・ワークショップや参加方法については、ワークショップページをご確認ください。